中善寺・福島県喜多方市「京都からやって来た美しい薬師如来さま」

LINEで送る
Pocket

2013年5月のゴールデンウィークに、福島を旅しましたー!
憧れの会津・喜多方を中心に巡りました。

勝常寺の観音堂 → 勝常寺の薬師如来坐像 →  喜多方市の願成寺(会津大仏)を参拝しました。

次に、会津大仏から車を走らせ、同じ喜多方市内にある中禅寺を訪ねました。

約束の時間を遅らせていただいて、さらに遅れてしまったのにも関わらず、世話方さんは私たちを笑顔で迎えてくださいました(感謝・・・)

中禅寺が建つ関柴町は、山と田んぼに囲まれたとても静かなところでした。

お寺のすぐ近くには中善寺湖があります。

IMG_9991.jpg

到着し車を止めるといきなり急な石段が待ち受けており、世話方さんの先導で登って行きます。

IMG_9994.jpg

IMG_9989.jpg

こうゆう時に日頃の運動不足を実感してしまいます…私より30歳以上歳上であろう世話方のお爺さんはスタスタと登って行くのに、私は完全に息切れです(汗)

少し登ったところに古びたお堂がありますが、仏さまはその後ろの収蔵庫にいらっしゃるようです。

扉を開けていただくと、そこにはなんとも美しい薬師如来さまがいらっしゃいました!!美しい〜!

京都からやって来た鎌倉期の薬師如来坐像

IMG_9980.jpg

■薬師如来坐像
国指定重要文化財 / 像高88cm / 鎌倉時代

像高88cmで、鎌倉時代に作られたという薬師如来さまです。お顔はとても穏やかですが、光の加減と角度によってふと見せる、凛とした表情にドキッとしてしまいます。

なんと、なんと、元々は京都にいらっしゃった仏さまだそうで、京都から海を渡って福島へいらっしゃったそうです。京都の舞鶴から日本海を旅して、新潟へ渡り、そして、新潟からこの喜多方まで来たんだとか…

IMG_9986.jpg

そうゆうお話を聞くたび想像する風景は、荒波に打たれて激しく揺れる船と、その船に乗った布で覆われた仏さま。そして、仏さまを必死に守る人々です。中には無事に辿り着けずに波に飲まれてしまった船もあったりして…

そんな遠い昔を想像しつつ、薬師如来さまに手を合わせ中善寺の拝観を終えました。

次は上宇内薬師堂です。

《中善寺アクセス》

住所:福島県喜多方市関柴町関柴字赤坂
拝観料:志納
アクセス:喜多方駅より車で12分
拝観問い合わせ:喜多方市観光物産協会 TEL:0241-24-5200

stoic-butsuzo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする