龍峰寺・神奈川県海老名市 「清水寺式千手観音さまの細い腕が羨ましい!優美なお姿を参拝」

LINEで送る
Pocket

2019年3月17日(日)

仏像リンクのオフ会に参加してきました~!

首都圏の仏像をぶらっと巡る企画で、その名も “仏像ブラ参り“ 初心者の方が気軽にお寺巡りができる、そんなオフ会です。

3月ブラ参り

ステキな仏像のお姿を見ていると、その時だけ花粉症の症状が治まるのはなぜでしょう!?(笑)

午前中に参拝したのは、神奈川県海老名市の龍峰寺です。

龍峰寺には、神奈川県ではめずらしい“清水寺式千手観音”さまがいらっしゃって、1月1日と3月17日だけそのお姿を拝むことができます。

龍峰寺は、海老名駅から歩いて約20分。

相鉄線沿いを進み、踏切を渡ったところから見える小高い丘の上にあります。

龍峰寺(神奈川)千手観音

到着したのは10時過ぎ、千手観音さまがいらっしゃる収蔵庫の前にはすでに参拝の列ができていました。

我々も急ぎ足で並びます!

龍峰寺(神奈川)千手観音

列が進み、千手観音さまに近づいて行くにつれて、だんだんと柔らかい光が観音さまを照らし優美なお姿が鮮明になっていきます。

一対の腕を頭の上に伸ばして如来の化仏を掲げたお姿

龍峰寺(神奈川)千手観音

■清水寺式千手観音像(木造千手観音立像)
国指定重要文化財 / 像高192cm / カヤの一木造 

龍峰寺は、1340年に創建された臨済宗建長寺派の禅寺です。

かつては現在の海老名中学校の敷地の一部にありましたが、昭和初期に現在の場所に移されました。実は、龍峰寺がお引越しする前に龍峰寺の末寺である清水寺(せいすいじ)というお寺があり、千手観音さまはその清水寺時代からいらっしゃる仏さまなのです。

清水寺は明治の廃仏毀釈により寺名が廃止され現在は観音堂を残すのみとなりましたが、相模国分尼寺の境内にあった沸河寺(ゆうがんじ)が前身で、源頼朝も信仰した由緒あるお寺でした。

沸河寺と清水寺、このお寺の名前はどちらも“水”にまつわるネーミングですよね!

その昔はきれいな湧き水があり、霊験あらたかな聖水として信仰されていたのかも知れません。

龍峰寺(神奈川)千手観音

清水寺式千手観音さまは、両手を組んでぐーっと伸びをするような腕が特徴的ですが、その腕がとにかく細い!

私の腕の半分くらいしかないわ!と思うわけですが、、、

このように、いるスタイルを模した観音像が、日本各地のお寺にいらっしゃいます。

清水寺式のボスである京都・清水寺の千手観音(お前立)さまの腕も細いですよね~!

清水寺千手観音ポスター

龍峰寺の千手観音さまは、上半身と下半身の作年代の特徴が異なるお姿をしています。

というのは・・・カヤの一木造りで彫られているところや翻派式衣紋の表現は、平安初期の古典的な技法が用いられています。一方、お顔は玉眼を用いて写実的に表現されているので12世紀ごろの鎌倉時代の特徴を示しています。

平安時代の古い像が鎌倉時代に補修され、お顔だけ造りかえたのか?

古い時代に造られたご本尊の様式に習って新たに再興されたのか?

この2つの説があるようです。

私は個人的に、お顔だけ造りかえた説であって欲しい!

龍峰寺(神奈川)千手観音

この地は相模川が近くを流れ、川の向こうには大山が見えます。

そして、国分寺・国分尼寺が置かれていたということから、古来から信仰され政治的にも重要な場所だったのでしょうか?

龍峰寺(神奈川)千手観音

隣接する清水寺公園には超ロング滑り台があるんです。滑ってみたいけどお尻が熱くなりそうです…!

龍峰寺(神奈川)滑り台




《龍峰寺アクセス》

住所:〒243-0406 神奈川県 海老名市国分北2丁目13-40
TEL:046-231-5074
ご開帳日:1/1、3/17(10時~)
拝観料:志納
アクセス:小田急海老名駅徒歩20分、海老名駅東口よりコミュニティバス国分ルート「国分第一児童公園」下車徒歩5分

stoic-butsuzo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする