勝常寺・福島県河沼郡「絶妙なタイミングで現れた圧倒的重量感の薬師如来さま」

LINEで送る
Pocket

2013年5月のゴールデンウィークに、福島を旅しましたー!

憧れの会津・喜多方を中心に巡りました!

先ず最初に国宝の薬師如来さまがいらっしゃる勝常寺を参拝しました。観音堂では想像以上に大勢の仏さまに囲まれ、素敵なお地蔵さまに出会うことができました。

観音堂を参拝した記事はこちらです!
↓↓↓
勝常寺・福島県河沼郡「観音堂にいらっしゃる平安初期の雨降り地蔵」 

次はいよいよ、ご本尊の薬師如来さまの元へ向かいます。

薬師如来さまは、室町時代に再建された薬師堂にいらっしゃるようです。

正座をして須弥壇に向かって手を合わせると、ご住職による読経がはじまりました。すると、絶妙なタイミングで垂幕が、スーーッと開き、薬師如来さまのお出ましです!

思わず「おーーーっ!」と驚きの声が…!

中にはずっしりと重量感ある薬師如来さまがいらっしゃいました。

圧倒的な重厚感

(福島県湯河村ホームページより)

■薬師如来坐像
国宝 / 像高183cm / 平安時代初期

広い肩幅と厚い胸板!

安定感のある両腿や衣に流れる飜波式衣文!!

など、平安時代初期特有の様式が詰まったお姿です!

額がせまく厳しめの表情…

そして、モリモリと盛り上がった肉髻に、大きめの螺髪と狭い額…

あぁ…勝常寺の薬師如来さま…

やっぱり好みのタイプだわ!

それにしても、薬師如来さまは個性的な方が多いですよね。

その時代による作風や信仰の形があると思うのですが、ここ最近で衝撃を受けたのは、奈良県久米寺の薬師如来さまです。眼病から人々を救済してくださる薬師如来さまですが、驚く事に薬師如来さまの片目が充血しているんです!びっくりです!

今まで多くの人々の眼病を吸いとって、身代わりとなられたのでしょうね。

勝常寺の記事ですが、途中から久米寺のお話になってしまいました(汗)

他にも素敵な薬師如来さま情報ありましたらお寄せください!(笑)

《勝常寺アクセス》

住所:福島県河沼郡湯川村勝常代舞1764
TEL:0241-27-4566
拝観料:500円(事前連絡)
アクセス:JR磐越西線会津若松駅から会津バス坂下行きで20分、佐野前下車、徒歩15分

福島県湯川村公式WEBサイト

stoic-butsuzo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする