遍照寺・横浜市保土ヶ谷区「キリッとした本尊薬師如来坐像を目の前で参拝!」

LINEで送る
Pocket

2020年11月1月
仏像リンクの仏像ブラ参りで“横浜の仏像”をめぐりました!

 

2021年1月23日〜3月21日まで横浜市歴史博物館で開催された「横浜の仏像ー知られざるみほとけたち」を見学する前に横浜の仏像を先取りっ!

 

 
※「横浜の仏像ー知られざるみほとけたち」のレポートは仏像リンクの記事で少し書いています!

 

神奈川県の仏像だと鎌倉や三浦半島をイメージする人が多いかと思いますが、横浜にもたくさんの古仏があるんですね〜!調べれば調べるほど出てくるー!

 

最初に訪問したのは保土ヶ谷駅近くの遍照寺です。

保土ヶ谷駅はたまに通勤で使うことがあるので、駅近くのお寺に横浜市指定文化財の薬師如来さまがいらっしゃることを知ってからずっと気になっていました。

保土ヶ谷駅から5分ほど歩くと、近代的な建物の外壁に仁王さまがいらっしゃいました。

 
 

交通ルールを取り締まっているかのように道ゆく車を睨みつけています(笑)

遍照寺は、寺伝では876年に眞雅僧正が開創し、1618年に慶興法印が同じ区内の嶺岡から当地へ移し中興したと言われています。

 

 
現在、本堂が改築工事中のため、庫裏を仮本堂として仏さまがお祀りされていました。

拝観のご依頼をした時、ご住職が「仏像好きであれば仮本堂にいらっしゃる方が近くで見れるのでちょうどいいタイミングですね」とおっしゃっていたので楽しみにしていました。

 

仏さまはどこにいらっしゃるんだろうとキョロキョロしながら庫裏にあげていただくと、ご住職が御朱印を書いてくださっていました。

仏さまはどちらにいらっしゃいますか?と、尋ねると「このお隣です〜」と。

 

お隣の客殿にいらっしゃいましたー!!!

 

ち、近いぞ!!!

 

本堂改築中で庫裏に鎮座する薬師如来坐像

■薬師如来坐像
横浜市指定文化財  /  像高85、4cm  /  鎌倉時代  /  寄木造

 
ご住職が近くで見れますよとおっしゃっていたとはいえ、こんなに目の前でまじまじと拝観できるとは思っていなかったので衝撃の光景でした。

鎌倉時代の慶派と宋風のテイストが混ざったような、キリリとしたイケメンです!

しかし、どこかで会ったことがあるような?ないような…?生身の人間のような艶かしい雰囲気も感じられます。

 

切長でシャープな眼が印象的

 
薬師如来さまの他にも、いろいろな仏さまがいらっしゃるのですが、その中でも注目を浴びていたのは赤子を抱いた観音さまでした。

 

 
よく見てみると…抱かれているのはおくるみに包まれた赤ちゃんでしょうか?しかし、赤ちゃんにして凛々し過ぎませんか?まるで、小さくなった達磨大師のようでした(笑)

《遍照寺アクセス》

住所:神奈川県横浜市保土ヶ谷区月見台38-31
TEL:045-331-0156
拝観料:志納

※拝観には問い合わせが必要です。

stoic-butsuzo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする