妙傳寺・神奈川県厚木市「像高5m34cm!圧巻の釈迦如来立像」

LINEで送る
Pocket

3月17日(日)
今月も仏像リンクのオフ会に参加してきました~!

首都圏の仏像をぶらっと巡る企画で、その名も“仏像ブラ参り“初心者の方が気軽にお寺巡りができる、そんなオフ会です。

★午前中は海老名・龍峰寺の清水寺式千手観音さま(秘仏)を参拝しました。

★午後の最初は妻田薬師(遍照院)を参拝しました。

妻田薬師からバスを乗り継ぎ、次に向かう先は上依知の妙傳寺です!以前からTwitterで「厚木にこんなに大きなお釈迦さまがいたなんて!!」という驚きの呟きを見かけた事があり、神奈川県民としてはとても気になっていたお寺でした。

“大きな仏像”というだけでワクワクしてしまいますよね(笑)

到着し参道を歩いて行くと、立派な山門が見えて来ました。

こちらは二天門で、四天王のメンバーである毘沙門天(多聞天)と持国天が睨みをきかせて護衛しています。

妙伝寺(神奈川)

妙伝寺(神奈川)

■毘沙門天(多聞天)立像<写真:左>
市指定有形文化財/像高2m36cm/江戸時代

■持国天立像<写真:右>
市指定有形文化財/像高2m35cm/江戸時代

もとは釈迦如来さまの脇侍として造られましたが、現在ではこちらの二天門にいらっしゃいます。

お寺の門といえば、阿吽の金剛力士が祀られている仁王門が有名なので、二天門は珍しいかと思いきや、けっこう身近なお寺にあるんですね〜。

浅草の浅草寺や柴又の帝釈天、日光の輪王寺…など、どれも日本を代表する有名なお寺ばかり。祀られているメンバーは様々ですが、どこも四天王を祀る二天門があります。

そんな二天門をくぐると、正面に本堂がありお釈迦さまがいらっしゃる釈迦堂は右手にありました。

おっと…!

お堂に入る前から、お釈迦さまが巨大である事がわかってしまいます。大きいので外からは足の部分しか見えません(笑)

妙伝寺(神奈川)

像高5m34cmの巨像・・・!

妙伝寺(神奈川)

■釈迦如来立像
市指定有形文化財/像高5m34cm/江戸時代

一丈六尺の立像です…!

大きいです…!

参拝者に目線を合わせて少しうつ向いてくださっていますが、ピシッと立ったら(しませんが)天井に頭がついてしまいそうです!

妙伝寺(神奈川)

妙伝寺(神奈川)

丈六の立像にはめったにお会いすることがありませんが、京都の戒光寺にいらっしゃる運慶&湛慶作のお釈迦さまも大きかったな…と、ふと思い出しました。宋風様式で煌びやかな雰囲気も通ずるものがあります。

お釈迦さまのネイルに注目!

妙伝寺(神奈川)

妙伝寺(神奈川)

この長いネイルも宋代美術から影響を受けたもののようです。妙伝寺や京都の戒光寺のお釈迦さまの他にも、鎌倉の浄光明寺にいらっしゃる阿弥陀三尊さまのネイルも長いんですよ。

最後に、ご住職がお寺の縁起についてお話してくださいました。

妙傳寺は日蓮宗のお寺です。

日蓮上人が佐渡に流される前の1ヶ月間この地に滞在していたそうです。

そして、十三夜の名月に向かってお経をあげ法華経の教えを説き「私の言ったことに答えるならば、何か不思議なことを起こしなさい!」と言うと、光の玉のような大きな星が降ってきて梅の木にかかるという超常現象が起こり、見張りの侍たちが驚いたという伝説があります。これを星下り(星降り)と呼び、この地域の蓮生寺と妙純寺にも同じ言い伝えがあるそうです。

《妙傳寺アクセス》

住所:神奈川県厚木市上依知2397
TEL:046-245-0363
拝観料:志納
※拝観には問い合わせが必要です。

stoic-butsuzo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする