萬徳寺・福井県小浜市「平安後期のゆったりとした安定感!端正な阿弥陀如来さま」

LINEで送る
Pocket

2011年の8月に京都北部~若狭・小浜方面を旅した時の記録です。

1日目は京都市内から綾部のお寺を巡り、宮津そして舞鶴までやって来ました!(佛南寺安国寺正印寺金剛心院禅海寺知恩寺を参拝)

2日目は舞鶴市からスタートし、福井県の大島半島を巡りました。
多禰寺金剛院中山寺常禅寺清雲寺意足寺を参拝)

3日目は再び大島半島の長楽寺→小浜市の圓照寺妙楽寺多田寺
を参拝し、小浜5ヶ寺目は若狭国分寺!!…のつもりが、お留守だったので拝観できず(涙)

気を取り直して向かうは萬徳寺です。

田畑を通り過ぎ住宅地に入った一角に萬徳寺はありました。

拝観受付をすると書院に案内していただき、白砂の広がる庭園を眺めながら説明に耳を傾けます。中央に大日如来を表す石、そして両脇には阿閦如来、宝生如来、阿弥陀如来、不空成就如来を表しており、お庭全体で真言密教の心を表しているそうです。

IMG_5067.jpg

IMG_5062.jpg

本堂は、新緑の紅葉に包まれた石段を上ったところにありました、秋頃は色づいた紅葉がさぞ美しい境内なんだろうな…と、想像が膨らみます。

IMG_5071.jpg

本堂の中央には阿弥陀如来さま、その脇には大日如来さまと小柄な阿弥陀如来さまがいらっしゃいます。ご本尊の阿弥陀如来さまは、紫の垂れ幕で彩られたステージの上にいらっしゃる様な優雅な雰囲気でした。

平安後期の作、桧の一木造りで半丈六の阿弥陀さま。そのお姿は素朴でありながらも端正なお顔立ちをしておられます。

ゆったりとした安定感のある平安後期の阿弥陀如来坐像

写真 (1)11(パンフレットより)

■阿弥陀如来坐像
国指定重要文化財 / 141、5cm / 平安時代後期

衣が垂れた部分と一体化したような台座の表現も美しく、まじまじと見てしまいました。

もし私が阿弥陀如来さまを造るとしたら、この方をモデルにしたいくらい美しい造形でした(笑)

IMG_5072.jpg

さて、小浜巡りも後半に差し掛かりました。次に目指すは若狭神宮寺!楽しみです!

《萬徳寺アクセス》

住所:福井県小浜市金屋74-23
TEL:0770-56-2308
拝観料:400円
アクセス:湖西線 近江今津駅からJRバス若江線で50分、「遠敷(おにゅう)」バス停下車、徒歩15分 小浜線 東小浜駅 徒歩22分
レンタサイクルあり

stoic-butsuzo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする